HOME > 解決事例 > 住宅設備関連会社X社

解決事例 住宅設備関連会社X社(従業員数:約100名) 太陽光発電システムの状態を遠隔監視。 パネルメーカーを問わず接続可能なパワコンがあった!

課題・問題

再生可能エネルギーの導入拡大を目指し開始された「固定価格買取制度」。これを活用することで長期的に利益を確保できるようになり,かつCSR(企業の社会的責任)の活動としても有効なことから,さまざまな業種においてエネルギービジネス参入の動きが広がっています。

複数メーカーの太陽光パネルを扱いたいが,パワーコンディショナがボトルネックに…

クリーンエネルギービジネスの盛り上がりを背景に売電事業を検討する企業が増加するなか,住宅設備関連会社X社では事業の拡大を目指し,こうした企業を対象に太陽光発電システムの販売に乗り出しました。

太陽光発電システムの販売を開始するにあたり,複数社の太陽光パネルを取り扱うため,まずは導入試験をかねて自社で太陽光発電システムを構築することにしました。しかし,ほどなく太陽光発電システムにおいて非常に重要な役割を担うパワーコンディショナ(以下パワコン)について,いくつかの課題に直面することとなりました。
X社設計部長のM氏はこう語ります。

「今回のシステムは,試験も兼ねて複数社の太陽光パネルを使用することにしました。
太陽光発電システムを系統連系するには,電力会社から要求される電力協議資料(特性データ,技術説明書など)が必要になるのですが,今回のようにメーカーや型式が異なるパワコンを同一の系統に連系する場合は,それぞれの電力協議資料だけではなく,パワコン同士の接続試験データも求められます。しかし,どこのメーカーも他社製品との接続試験データはないため,パワコンのメーカー混在は非常に難しいということがわかりました。
そこで,どのパネルメーカーでも対応できるパワコンにしようとなったのですが…
通常,パネルメーカーは自社製造または推奨のパワコンを準備しているため,パワコンメーカーを統一しようにも太陽光パネルとの最適な組み合わせがわかりません。」

寒冷地域での使用にも十分対応できる“耐環境性能”が不可欠

加えて,X社の見込み顧客の多くは北海道・東北地方に集中しているため,特に寒冷地域での使用に十分対応できる耐環境性能を持つことも不可欠でした。
「信頼性は最重要なポイントですので,周囲温度による制約を受けない高性能なパワコンが求められました。」(M氏)

課題・問題のポイント
  • 複数メーカーの太陽光パネルを採用したいが,煩雑なパワコンの組み合わせ検討が必要。
  • パネルメーカー問わず接続できるパワコンが求められる。
  • システムの信頼性確保のため,寒冷地域における耐環境性能が不可欠。
この課題・問題を解決した方法はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop