HOME > 解決事例 > 住宅設備機器メーカーK社

解決事例 住宅設備機器メーカーK社(従業員数:約2,000名) ファンの故障で家庭用コジェネシステムにトラブル発生! 耐久性,信頼性をUPし,不具合ゼロを実現した方法とは?

課題・問題

近年の節電ニーズの高まりを背景に,分散型エネルギーシステムとして着実に普及が進みつつあるコジェネレーション(コジェネ)。電力と熱を同時に供給するシステムとして,ガスエンジンシステムやディーゼルエンジンシステム,燃料電池システムなどさまざまな方式があります。なかでも,発電時の排熱を有効利用し,発電と同時に給湯ができる「家庭用コジェネレーションシステム」(エネファーム,エコウィルなど)は,一般家庭向けに注目を集めています。長期間にわたり安定したエネルギー供給を担うものだけに,耐久性および信頼性の確保は各メーカーの重要な課題となっています。

家庭用コジェネシステムにトラブル。原因は屋外使用によるファンの故障…

新エネルギーシステムに注力する住宅設備機器メーカーK社は,家庭用コジェネレーションシステムを手掛けています。
同社の製品は市場から高い評価を得ていますが,過去に納品したシステムのトラブルに悩まされた経験を持ちます。K社エンジニアリング部シニアリーダーE氏は,当時の状況をこう振り返ります。

「ある時期,設置した装置が突然停止するトラブルが相次ぎました。調べたところ,原因のほとんどはファンの故障によるものと判明しました。家庭用コジェネレーションシステムは屋外に設置されるケースがほとんどのため,雨や雪,湿気,直射日光,埃などのさまざまな環境要因がファンの故障をもたらしたのです。」

装置の信頼性向上が第一。耐久性に優れたファンの選定が急務!

K社は,ほどなく改良モデルの開発に着手しました。装置部品には過酷な屋外環境に耐えられる性能が必要と痛感したE氏は,耐久性向上のための対策を練ります。特にファンについては優れた防水・防塵性能が求められました。

「防湿加工程度では不安でしたので,改良モデルでは防水ファンを使用するべきとの結論に達しました。今後の家庭用コジェネレーションシステムの普及を考えると,信頼性の向上が第一であることは間違いなく,早急に耐久性の優れたファンを探す必要がありました。」(E氏)

課題・問題のポイント
  • 家庭用コジェネレーションシステムにトラブル。原因はファンの故障。
  • 過酷な環境下で使用されるので,耐久性に優れたファンの選定が急務。
  • 装置の信頼性向上が求められる。
この課題・問題を解決した方法はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop