HOME > 解決事例 > 医療機器メーカー M社

解決事例 医療機器メーカー M社(従業員数:約300名) 医療現場のニーズを満たし,差別化を図りたい! クランプ機構を自動化し“従来比2/3の小型化”を達成させた,“ボールねじ一体型ステッピングモータ”とは?

課題・問題

有望な成長分野として注目される「医療機器産業」には,新たなビジネスチャンスを狙った企業の参入が相次いでいます。市場競争は激化しており,製品開発においては医療現場のニーズを的確にとらえ,ユーザビリティ向上を図ることが勝ち残りのカギとなっています。

従来の機構では手動操作による手間がかかり,早急に改善が必要

心臓外科・人工透析分野の医療機器製造を手掛けるM社では,ある体外循環装置の仕様について,いくつかの課題を抱えていました。

従来の装置では,クランプ機構にソレノイドまたはステッピングモータの2つの方式を用いていました。M社設計開発部のH部長はこう語ります。
「クランプ機構とは,気泡が発生した際にグリッパを閉じ,チューブの気泡送出を遮断する安全機能です。ソレノイドの場合ではロック解除を手動でおこなう必要があるために,現場で手間が発生していたのです。」

差別化が必須!操作性向上と小型化を実現するには…

またグリッパの開閉を自動化したステッピングモータ駆動方式では,カップリングやボールねじといった部品点数が多いため,装置の小型化を難しくする要因になっていました。国内の医療機関には医療処置室の広さに余裕がないケースが多く,小型化は手狭なスペースを有効活用するために欠かせない改善要素のひとつであり,M社にもたびたびユーザーから要望が寄せられていたといいます。

「安全性の確保に重点を置いて開発してきましたが,装置の差別化を図るためには,医療現場のニーズを細かく取り込んでいく必要があります。グリッパ開閉の自動化による操作性向上と小型化の両立を実現するため早急に改善が必要でした。」(H氏)

課題・問題のポイント
  • ソレノイドではグリッパの開放が手動で手間がかかり,安全性の確保と操作性の向上の両立が困難。
  • 従来のステッピングモータ駆動方式では部品点数が多く小型化が困難。
この課題・問題を解決した方法はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop