HOME > 解決事例 > 産業機械メーカーN社

解決事例 産業機械メーカーN社(従業員数:約50名) 高い精度を維持しながら,電線の加工速度をアップしたい! オープンネットワーク採用が低コストで汎用性の高い装置開発のカギ!?

課題・問題

近年,装置の複雑化により,一装置あたりに使用されるハーネスの量が増加しています。需要の急増に対応するため,生産現場においてはより高い生産性と,世界的な価格競争に向けたコストダウンが欠かせない課題となっています。それにともない,産業機械メーカー各社には,生産現場を支える高い技術が常に求められています。

高精度を維持しつつ,さらなる加工速度アップが要求されるが…

電線加工機など各種産業機械を製造・販売するN社。このほど同社では,ワイヤーハーネスの需要増に対応し,加工速度を向上させた新モデルの開発に乗り出していました。N社開発部のI部長はこう語ります。

「電線加工機に求められる最も重要な要素は加工の速度です。お客さまからも多くの要望を受けていました。現行モデルでも1本当たり1秒以内で切断・剥ぎ取り・端子圧着までおこなうことが可能ですが,高い精度を維持したうえで,さらに加工速度の向上を求められていたのです。」

マイコンでは製造中止による設計変更などの対応に苦慮…

I氏らは加工速度アップを図るため,仕様の見直しをおこないました。しかしここで早速課題に突き当たることになります。
「現行の機種では上位のモーション制御にマイコンを使用していましたが,マイコンボードはICの製造中止などで調達できなくなるケースが多く,その都度,設計変更が必要になり対応に苦慮していました。加えて,マイコン制御では,サーボアンプ1台ごとに指令用のケーブルが必要なため,配線工数がかかっており,この点も重要な改善ポイントでした。」(I氏)

そのほか,コストについても避けて通れません。
「価格競争が激化するなか,電線加工機に対する低価格化の要求は厳しさを増しており,コストダウンも必須でした。加工精度の維持は言うにおよばす,コストをセーブしながらさらなる高速化も実現する…,こうした要求を満たす方法を考えていました。」(I氏)

課題・問題のポイント
  • 電線加工の速度アップが急務。
  • マイコン制御ではサーボアンプ1台ごとに指令用ケーブル配線の工数がかかる。
  • マイコンボードはICの製造中止などで設計変更に苦慮。
  • 激化する価格競争へ対応するためコストダウンが必要。
この課題・問題を解決した方法はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop