HOME > 解決事例 > 電気工事業T社

解決事例 電気工事業T社(従業員数:約30名) 太陽光発電システムのリアルタイム遠隔監視で安心! 「出力制御ルール」にはどう対応する!?

課題・問題

2012年の「固定価格買取制度(FIT)」をきっかけに日本でも普及を加速させている太陽光発電。しかし,企業・個人の電力ビジネスへの参入増加の一方で,多様な設置環境への技術対応やコスト面の課題など,システムに対する要求を複雑化させています。

トラブル発生時のシステム停止時間を最小限にしたい

電気工事の施工を手がけるT社は,国内における再生可能エネルギー利用推進の機運が高まるなか,太陽光発電ビジネスに参入しました。
しかし,システム構築を手がけるなかで,いくつかの問題に直面することとなりました。T社システム部のK部長はこう語ります。

「当社は,低圧系統連系のシステムを中心に手がけています。太陽光発電設備は主に遊休地に設置されるため,不便な場所であることが多く,トラブルが発生した際に発見が難しくなります。
以前,設置したシステムが不具合をおこしたときに発見が遅れ,売電損失が大きくなってしまったことがありました。まず,現場に赴いてトラブルの内容を確認した後,再び現場に行き修理作業をおこなったので,システムの停止時間がかなり長くなってしまったのです。システムの停止時間を最小限にするためには,太陽光発電システムの状態をリアルタイムで遠隔監視できるシステムの構築が必須でした。」(K氏)

「出力制御ルール」を視野に入れたシステム構築が必要に

さらに,新たに問題となったのは,「再生可能エネルギー特別措置法施行規則」の一部改正でした。

「この改正により,当社の主力である低圧系統連系システムも『出力制御ルール』が適用される可能性がでてきました。新ルールの適用については電力会社によってまちまちで,まだ詳細は明らかになっていませんが,管轄の電力会社から指定された場合は,都度対応しなければなりません。その際のルール適用も視野に入れた柔軟なシステムを設計する必要がありました。」(K氏)

課題
  • 太陽光発電システムの状態をリアルタイムに遠隔監視したい。
  • 「出力制御ルール」にも対応できる柔軟なシステム構築が必要。
この課題・問題を解決した方法はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop