HOME > 解決事例 > 電子計測器メーカーH社

解決事例 電子計測器メーカーH社(従業員数:約500名) 高精度・小型ステッピングモータを探せ! 分光装置の小型化には,20mm角モータでは大きすぎる!

課題・問題

光の波長,強度を測定する分光装置は,精密機器の製造・検査ラインから,環境分野,農作物の品質測定など多様なシーンで活用されており,さらに近年では医療用測定装置への応用なども期待されています。メーカー各社は小型化・高性能化への取り組みを続けています。

分光装置の小型化要求を満たすには,現行の20mm角モータでは大きすぎる・・・

各種電子計測器の製造・販売をおこなうH社。同社ではこのほど,製造ライン組み込み型の分光装置について,小型化に向けた仕様見直しをおこなっていました。H社設計開発部のN部長はこう語ります。

「製造ラインのコンパクト化を図りたいというニーズに対応するため,次期モデルでは,分光装置の小型化を目指すこととなりました。そのため,装置内の回折格子を動かすステッピングモータを現行の20mm角より小さなサイズに置き換える必要が生じたのです。」

現状の精度は保ったまま小型化したい!

「分光装置は,さまざまな波長を含む光源を波長に応じて分ける装置です。装置内の回折格子を回転させ,スリットで取り出した単色光を,試料に通して光測定器で分析します。きれいな単色光を取り出すため,小さなスリット幅でも対応できるよう,回折格子の駆動用モータは精度がとても重要となります。」(N氏)

分光装置の波長掃引

早速情報収集を始めたN氏ですが,要求を満たすモータはなかなか見つからず,開発期限まで時間の余裕がなくなっていることも悩みの種となっていました。

課題
  • 現行の20mm角ステッピングモータより小型のモータが必要。
  • 現状の精度は保ったまま装置を小型化したい。
  • 開発期間に余裕がない。
この課題・問題を解決した方法はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop