HOME > 解決事例 > 素材メーカーN社

解決事例 素材メーカーN社(従業員数:約300名) 生産設備の安全対策にUPSを導入したいが,オーバースペックでコストがネックに 突入電流にとらわれないUPSの容量選定が可能に!?

課題・問題

UPS(無停電電源装置)は,停電リスクを回避するために欠かせない装置として,オフィスのIT機器や工場の生産システムなど多様な領域に普及が進んでいます。

火災の恐れも!送風システム停電対策の課題が明らかに

各種鋼材・鋳鋼製品などを手掛ける素材メーカーN社。同社はこのほどBCP(事業継続計画)強化の一環として,自社工場の災害対策シミュレーションを実施したところ,溶解炉の送風システムに課題があることが発覚しました。N社生産設備部のU部長はこう語ります。

「溶解炉は24時間365日稼働しており,常に送風システムによって温度管理をおこなっています。停電時も温度管理をおこなえるように,非常用電源を用意しているのですが,停電が起きてから非常用電源に切り替えるまでに生じる,約5分間のタイムラグが問題になることが判明したのです。釜が高温状態のままで,送風システムが5分も止まってしまうと,釜が破損する可能性があり,最悪の場合,火災などの事故につながる恐れがありました。」

「突入電流」に合わせた選定では,UPSがオーバースペックに…

U氏は急遽UPSの導入を検討し,付き合いのある業者に機種の選定を依頼しました。しかし,返ってきた提案は想定より大幅なオーバースペックでした。

「当社としては送風システムの定格容量に合わせてUPSを選定すれば問題ないと思っていたのですが,送風システムの突入電流(*)は定格値の5倍にもなるため,そのピークに合わせてUPSを選定する必要があるそうです。その出力容量は想定を大幅に超えていました。UPSの出力容量が大きくなると,導入コストも運用コストも想定より高くなりすぎてしまいました。」(U氏)
(*)電気機器において電源を投入した際に,初期段階で定格電流値を超えて一時的に流れる大電流。

突入電流の波形

課題
  • 「突入電流」に合わせた選定では,UPSがオーバースペックに。
  • UPSの出力容量が想定より大きく,導入・運用コストも高額に。
この課題・問題を解決した方法はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop