HOME > ソリューション > ハイブリッドUPS(無停電電源装置)「SANUPS E11A」シリーズ

電源事情に合わせて,電力供給を自動最適化。ムダな電力消費とCO2を大幅カット!

ハイブリッドUPS(無停電電源装置)「SANUPS E11A」シリーズ

概要

「SANUPS E11A」シリーズは,常時商用給電方式の効率の良さと,常時インバータ給電方式による安定した電力供給を両立した,「ハイブリッドUPS」です。長寿命設計に加え,自動バッテリチェック機能やオートシャットダウン機能などにより,高い信頼性を実現。また,高い省エネ性能で常に最適な給電方式を選択するため,コストとCO2の削減に大きな効果を発揮します。さらに,UPSの一元監視と遠隔操作も可能で,管理者の工数削減にも寄与します。

主な特長
電源事情に合わせて,最も効率のよい給電モードを自動で選択
給電モード拡大する

負荷力率が悪いときは「アクティブフィルタモード」,電源事情が悪いときは「給電品質優先モード」,電源事情の良いときは「効率優先モード」と,3つの給電モードの中から最適な方式を自動的に選択します。給電の効率化により消費電力とCO2を最大47%(*1)削減。
*1 当社従来品,常時インバータ給電方式UPS(1kVA)と比較

自動バッテリチェック機能による高い信頼性

定期的に自動でバッテリ動作テストをおこない,停電時に確実に動作する状態を保ちます。
※バッテリ動作テストの周期は,1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月から選択できます。

定期チェック
バッテリ交換が容易

バッテリ 前面から保守作業ができる使いやすい構造。無駄な放電を抑えることでバッテリの寿命を最大化します。 さらに,ファンの寿命が7年なので,ファンを交換する必要がありません。
※0.35kVA・3kVAと,UL規格・CEマーキング適合品のバッテリ交換は当社へご依頼ください。

PCから制御可能なインテリジェントUPS
UPS状態表示

電源管理ソフト「SANUPS SOFTWARE」をインストールすれば,バッテリチェックをはじめとするUPSの状態表示とオートシャットダウンが可能になります。

オプションのLANカードにより,完全LAN対応UPSに

オプションのLANカードを使用すれば,コンピュータのシャットダウンをはじめ,UPS監視,動作確認,動作設定がすべてLAN経由でできるようになります。

製品ラインアップ

「SANUPS E11A」シリーズ

スタンダードタイプとタワータイプがあり,環境に合わせて横置き/縦置きを選択できます。

電源電圧/出力容量

製品カタログダウンロードはこちら お問い合わせ/資料請求はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop