HOME > ソリューション > San Ace 遠心ファン

環境性能に「最適化」し,“高風量・高静圧”と“低消費電力・低騒音”を両立

San Ace 遠心ファン

概要

San Ace 遠心ファンは,優れた環境性能を持ちながら高風量・高静圧を実現しました。通信機器,サーバ,ストレージや熱交換機など,システムインピーダンスの高い装置の冷却に性能を発揮します。

風量・静圧の確保と低消費電力,低騒音化を実現するため,開発に当たっては,羽根,モータ,回路を徹底的に見直し,新たに設計。山洋電気が長年にわたり積み重ねてきた技術力をいかんなく発揮することで,環境への配慮と業界トップクラスの性能,この2つを両立させることに成功しました。

主な特長
技術を駆使し羽根の形状を最適化

山洋電気は 国内初のファンを作り上げて以来,産業用機器,通信機器,医療機器など様々な分野においてファンを提供してきました。こうした長年の経験と実績をもとに性能を最大限引き出すよう羽根を設計。 高風量・高静圧でありながら低騒音を実現しました。

消費電力低減のため,モータ・回路を徹底的に見直し効率アップ

モータおよび回路を徹底的に見直し,効率を改善することで低消費電力を実現しました。

高風量・高静圧なのに低消費電力・低騒音を実現

開発にあたり,省エネルギー化を最大のポイントとし,必要な風量・静圧を確保しつつ消費電力と騒音を低減するためにさまざまな工夫をしました。業界トップクラスの高風量・高静圧と省エネルギー性能の両立を実現しました。

「PWMコントロール機能」がさらなる消費電力・騒音低減に貢献

「PWM コントロール機能」搭載モデルでは,ファンの回転数を外部よりコントロールすることができます。状況に応じてファンの回転数をきめ細かくコントロールすることで,装置全体の消費電力と騒音の低減をもたらします。

製品カタログダウンロードはこちら お問い合わせ/資料請求はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop