HOME > ソリューション > San Ace 二重反転ファン

軸流ファンでは不可能だった冷却性能 業界トップクラスの高風量・高静圧を実現した「二重反転ファン」

San Ace 二重反転ファン

概要

サーバや電源装置の高集積・高密度化が進むなかで,冷却装置の高性能化のニーズはとどまることを知りません。ファンの出力を上げるためにはファン径を大きくする,もしくは回転速度を上げる方法が考えられますが,設置スペース,および騒音や消費電力の増大をもたらすデメリットがあります。

「二重反転ファン」は,2組の羽根を互いに反対方向に回転させることによって高風量・高静圧を実現しています。2台のファンを並列に実装した場合以上の風量・静圧特性を発揮するため,同じフレームサイズでさらなる高風量・高静圧を得ることができます。サーバなど実装部品が密集している,システムインピーダンスの高い装置の冷却用途に最適です。

主な特長
市場ニーズに応えたファン

装置内の高密度化にともない,ファンの実装スペースが確保しづらくなっている反面,装置内の発熱量は増加し,いままで以上にファンの風量・静圧特性が求められています。その様なニーズに応えるために開発しました。

羽根・フレーム形状の最適化により高風量・高静圧を実現

羽根・フレーム・モータ,および駆動回路を新規に開発することで効率を高め,さらなる高風量・高静圧・低消費電力に成功しました。

必要最低限の回転速度に設定可能,低消費電力化・低騒音化に貢献

「PWMコントロール機能」搭載モデルでは,外部からファンの回転数をコントロールできます。また、必要最低限の回転速度に設定することで,さらなる低消費電力化や装置の低騒音化が可能となります。

製品ラインアップ

製品ラインアップはこちら

製品カタログダウンロードはこちら お問い合わせ/資料請求はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop