HOME > ソリューション > 太陽光発電用パワーコンディショナ「SANUPS P73H」

“わずかな電力もムダにしない”高い電力変換効率を実現 多様化する太陽電池モジュールに対応 高い耐久性と信頼性

太陽光発電用パワーコンディショナ「SANUPS P73H」

概要

太陽光発電システムのなかで太陽電池と同様に重要な役割を担うのが,直流電力を交流電力に変換する「パワーコンディショナ」です。複数の太陽電池モジュールから出力を引き出すため,その性能は発電効率の重要なポイントとなります。「SANUPS P73H」は,三相3線の10kWの製品として,業界トップレベルの電力変換効率を実現すると同時に,さまざまな太陽電池モジュールに使用でき,優れた耐久性と高い信頼性を実現しています。

主な特長
業界トップクラスの電力変換効率94.5%を実現

「SANUPS P73H」は,各部の電力損失の徹底的な見直しや,高効率で安定動作する回路の新規開発により,従来製品から2.5%向上した94.5%(*1)という業界トップクラスの変換効率を実現しました。主回路には絶縁トランスを使用しない非絶縁方式を採用しており,高い変換効率を実現するため,変換回路はDC/DCソフトスイッチング方式のチョッパ回路と,3レベル制御のDC/ACインバータ回路で構成しています。
*1 「JIS C 8961太陽光発電用パワーコンディショナの効率測定方法」に基づく定格負荷効率。接続箱回路除く。

業界トップクラスの電力変換効率94.5%を実現
広い入力電圧範囲で,さまざまな太陽電池モジュールに使用できます

DC150〜600Vという非常に広い入力電圧範囲により,さまざまな太陽電池モジュールに使用できます。550Vまでの範囲では「最大電力追従制御」が可能であり,季節や時間帯,気象条件などで激しく変動する出力電力に合わせ,太陽電池の出力電力が最大になる“最適動作点”を常に追従します。また,最大7回路の接続箱機能と,一括入力回路(外部に接続箱が必要)を標準装備しています。

「保護等級IP65」の防水・防塵性能により屋外設置も可能

ファンによる強制空冷では内部に塵埃や湿気,小さな虫などが侵入し,思わぬ不具合につながる恐れがあります。「SANUPS P73H」は,回路部分を密閉構造にし,筐体外部のヒートシンクを冷却する方法を採用したことで,優れた防水・防塵性能「保護等級IP65」を実現しました。
また,回路部品の見直しにより使用できる周囲温度を-25〜+60℃(*2)にまで拡大したことで,温度による制約を受けることなく日本各地の屋外でも安心して使用できます。さらに,部品交換をおこなえば20年間使用ができる長寿命設計です。
*2 直射日光の当たらない場所。周囲温度が40℃を超える場合は出力制限により温度上昇を抑制。

ネットワーク経由での遠隔監視,データ収集・分析をはじめ充実のオプション

外部通信回路により,ネットワーク経由で最大27台のパワーコンディショナを遠隔監視する「SANUPS PV Monitor」で,発電電力量,日射強度,気温などのデータ収集・分析が可能です。また,直射日光の当たる場所での設置に必要な「ウェザーシェルタ」や,複数のパワーコンディショナの出力を集電する「交流接続箱」など,さまざまなオプションを揃えています。

SANUPS PV Monitor
システム構成例
製品ラインアップ

製品ラインアップ

製品カタログダウンロードはこちら お問い合わせ/資料請求はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop