HOME > ソリューション > San Ace ブロア

高静圧に特化! 実装密度の高い装置も強力冷却

San Ace ブロア

概要

市場の小型・高機能化のニーズにより,装置内部の実装密度が高まり発熱量が増大することで,より高静圧のファンが必要となっています。当社のブロアは,サーバや通信機器,プロジェクタ・印刷機器など,静圧が高いため部品実装密度が高く,通風抵抗*の大きな装置の冷却に最適です。

  1. * 装置内部の風の流れにくさ。システムインピーダンスとも言う。
主な特長
外部ダクト不要で風の方向を変える

吐出口と吸込口が垂直となっているため,外部ダクト不要で,風の方向を変えることができ,装置の小型化に貢献します。

軸流ファンの風の流れ ブロアの風の流れ

システムインピーダンスの高い装置に最適な高静圧性能

吐出口がダクト状になっているため,高静圧で直進性のある風を出すことができます。サーバなどの実装部品が密集している通風抵抗の高い装置に最適です。開発にあたり羽根,フレームの設計を工夫することで,高静圧・低騒音を実現しました。ファンの回転音は,羽根・フレーム形状の工夫により,穏やかな音質を実現しています。

製品カタログダウンロードはこちら お問い合わせ/資料請求はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop