HOME > 山洋教室 > 停電対策装置の使い分け

1から分かる!初心者コース 停電の基礎知識と対策

  • UPS・パワコン解決事例
8時間目 停電対策装置の使い分け

停電などの電源トラブルを回避する場合は,前回まで紹介したUPSを使用することが一般的ですが,特高受電の場合,電力会社と2回線受電の契約をするという選択肢もあります。この場合,「停電」になる確率が小さくなるので,「瞬停対策装置」「瞬低補償装置」で充分対応できるとも言えます。
山洋電気の「瞬時電圧低下補償装置」は瞬停・瞬低両方ともカバーできますが,「瞬停対策装置」の多くは「瞬低」だけの対策装置になります。

瞬停対策装置とUPSとの違い

当社の瞬時電圧低下補償装置とUPSと大きな違いは蓄電デバイスです。UPSは主に鉛蓄電池を使用しますが,瞬時電圧低下補償装置は電気二重層コンデンサを使用します。電気二重層キャパシタは瞬間的に大きな電流の受電・放電に優れているので,瞬低・瞬停のように短い時間に大きな電力を放出する装置に利用されています。瞬停対策装置では電解コンデンサを使用するメーカーもあります。

また,UPSには給電方式が3種類ありますが,瞬停対策装置などには常時インバータ給電方式を採用するメーカーが無いため給電方式は2種類で,一般的には「常時商用給電方式」がほとんどのため2ms程度の瞬断をともないます。山洋電気は「パラレルプロセッシング給電方式」を採用していますので無瞬断です。
常時商用給電方式は5時間目で説明した通り,インバータ給電に切替える際に,約2~10msの瞬断が発生します。この瞬断に耐えられない電気機器は,山洋電気のパラレルプロセッシング給電方式をおすすめします。

さて,これまで学んできた電源対策装置とその特徴を表にまとめてみましょう。

電源対策装置とその特徴 表

ここまで,電源トラブルとその対策装置を学んできました。電源対策装置を選定するとき,蓄電デバイスの種類や運用コストなどと合わせ,ぜひこれまで一緒に学んだ知識を活用してください。もちろん,対策装置の選定でお悩みの際は,いつでも山洋電気にご相談ください。
以上,「停電の基礎知識と対策」でした。

(更新日:2017/11/7)

pagetop