HOME > 解決事例 > 工作機械メーカーP社

解決事例 工作機械メーカーP社(従業員数:約1,000名) 冷却ファン不具合の原因は“オイルミスト”だった…。 過酷な環境下でも安定した動作を実現し,メンテナンス工数とコストを削減するには―

解決策
効果・結果
  • 防油ファンの採用でオイルミスト環境下でも安定した動作を実現。
  • コスト面,性能面でのバランスを考えた最適なファンを提案。
  • 耐環境性アップによりメンテナンス・交換回数も3分の1に。

解決策を探していたS氏は,とある産業用機械の展示会で,山洋電気の冷却ファンに目を留めます。自社の課題を相談したS氏は,担当者より「ファンの寿命を延ばすことは十分可能」との回答を得ました。

オイルミスト環境下でも安定した動作。バランスを考えた最適ファンを提案!

S氏より課題を詳しくヒアリングした山洋電気担当者が提案したのは,P社が問題としていたオイルミスト環境下でも十分に性能を発揮できるファンでした。

提案内容

制御盤外のファンは防油ファンに切り替える一方,オイルミストの少ない場所には,耐環境性に優れながら比較的安価なファンを使用するというものでした。
「単純にすべてのファンを防油ファンに置き換えるのではなく,コスト・品質のバランスを考えたうえで最適の提案をしていただきました。」(S氏)

ファンの交換頻度が3分の1に!圧倒的に優れた防油性能を発揮できた理由は?

現行機のファンと比較したところ,オイルミスト環境など過酷な環境下でも期待寿命が約3倍になることがわかりました。

「現行機のファンのほかにも,さまざまなファンで耐油試験をおこないましたが,山洋電気製のファンが最も優れていました。いままでのメンテナンス頻度は1.5年でしたが,ご提案いただいた防油ファンでは4.5年ごとの交換で済みそうです。なぜ山洋電気のファンだけが高性能なのか,と尋ねたところ,各所に独自のノウハウがあるとのことでした。開発にあたっては試行錯誤を繰り返し,長年にわたり培った技術をベースに随所に工夫を凝らすことで,高い防油性を実現できたそうです。」(S氏)

こうした高い技術,および提案力を評価したP社は,切削加工装置の新モデルにおいて,山洋電気製「防油ファン」の正式採用を決定しました。今回の採用についてS氏はこう語っています。

「防油ファンの採用は,当社の工作機械の耐環境性・装置寿命・信頼性の向上にも大きく貢献するものでした。また,ファンの交換回数が減ることで大幅なメンテナンスコストと工数の削減が期待できます。市場競争が厳しくなるなかで,競合他社に対し大きな差別化になると期待しています。」

お問い合わせ/資料請求はこちら P社の課題を解決したソリューションはこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop