HOME > 解決事例 > 物流システム業A社

解決事例 物流システム業A社(従業員数:約500名) インダクションモータでは限界!サーボでは大幅なコストアップに!? コストを抑え,自動仕分けシステムの高速化・低振動化を実現した高性能サーボとは?

解決策
効果・結果
  • 高性能ACサーボモータで従来比約2倍の高速化に成功。
  • 優れた制御性能により加減速時の振動を抑制。
  • 適切なサーボシステム提案でコストを抑制。
  • 技術サービスによる立ち上げ支援や営業フォローで製品開発をサポート。

解決策を探していたF氏は,別案件でA社を定期訪問していた山洋電気の営業担当にこれらの課題を相談。すると営業担当は現在の課題とシステム要件を詳細にヒアリングし,後日「高性能コントローラも多回転アブソリュートエンコーダも不要です。」と提案してきました。強く興味を持ったF氏は詳しく話を聞くことに。

高性能サーボモータ搭載によるコストを最大限に抑えるための技術的提案

F氏がまず注目したのは,高性能コントローラが不要という点でした。

「山洋電気の提案は,従来のコントローラを流用し,エンコーダもインクリメンタルで十分というものでした。我々としては,システム停止時の位置検出のために,多回転アブソリュートエンコーダが必要と考えていましたし,そのための高機能コントローラも必要と思っていました。しかし,実機にて検証したところ目標の仕分け能力が達成できることが確認できました。
提案していただいたモータの最高速度は6000min-1で,現行のモータと比べ大幅な速度向上が可能でした。また,加減速時の振動制御にも優れ,仕分けシステムを高速化しても十分に振動を抑制できると分かりました。」(F氏)

コストを抑えつつ“従来比約2倍”の高速化に成功し,仕分け性能の大幅向上を達成!

こうして,山洋電気製サーボモータの採用を正式決定したA社。
「モータの評価の際には,数日でサンプルを納品いただきました。また,モータの採用決定後も技術サービスによる立ち上げ支援や営業の方のサポートにより,迅速な製品化が図れました。」(F氏)

数ヵ月後にリリースされた新製品は,“従来比約2倍”の高速化により,大幅なシステムの速度向上・振動抑制に成功し仕分け性能の大幅向上を実現しました。
F氏はこう語っています。

「当社の要求仕様を実現させるために最適なコストパフォーマンスのシステム提案と技術支援をおこなっていただき,感謝しています。これからも顧客のニーズに合わせた高性能なシステムの開発を目指していくなかで,山洋電気は強い味方となってくれると期待しています。」

お問い合わせ/資料請求はこちら A社の課題を解決したソリューションはこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop