HOME > 解決事例 > 業務用厨房機器メーカーO社

解決事例 業務用厨房機器メーカーO社(従業員数:約200名) 業務用IH調理器の小型化には軸流ファンのサイズがネックに ブロアへの置き換えで装置の小型化を実現!?

解決策
効果・結果
  • 軸流ファンをブロアに置き換えることで,装置の小型化を実現。
  • 40,000時間(*)の期待寿命を確保。
  • PWMコントロール機能により,消費電力もカット。

課題解決のため情報収集を続けていたE氏は,とある展示会で山洋電気のブースを訪れ,ブースの担当者に抱えている課題について相談しました。

ブロアで装置の小型化を実現

後日,山洋電気の営業担当者はE氏を訪問し,軸流ファンをブロアに置き換える提案をしました。
「ブロアに置き換えることで,装置全体を大幅に小型化できることがわかりました。ブロアは軸流ファンと違い,吸込口と吐出口が直角になっているので,空気をファン側面から吸い込みます。そこで,ブロアを寝かせて搭載することで装置の高さを抑えることができます。さらに山洋電気製ブロアの期待寿命は40,000時間(*)とのことで,耐久性も問題ないと見込めました。」(E氏)

  1. * L10:残存率90% 60℃,定格電圧,連続運転,フリーエアー状態

軸流ファンの風の流れ ブロアの風の流れ

提案に強く惹きつけられたE氏は,早速評価サンプルを取り寄せ,試作機に組み込んで評価をおこないました。
「ブロアの場合,高静圧で直進性のある風を送ることができるので,熱源を直接効率的に冷却することができます。これまでの軸流ファンでは風が分散していたために,風を誘導するダクトを作っていたのですが,その分のスペースを削減できただけでなく,設計工数および材料費が削減できました。さらに,PWMコントロール機能により,回転速度を適切にコントロールすることで省エネも期待できます。社内からは非常に高い評価を得られました。」(E氏)

こうしてO社は山洋電気製ブロアを正式採用し,開発中の業務用IH調理器に実装しました。結果,当初の要件通りの仕様で開発に成功し,数か月後にリリースされた新モデルは市場から高い評価を受けました。

E氏はこう語っています。
「おかげさまで多くのお客さまより好評を得ることができました。山洋電気さんとは長い付き合いになりますが,この先も色々と相談に乗ってもらいたいと思っています。」(E氏)

O社の課題を解決したソリューションはこちら お問い合わせ/資料請求はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop