HOME > 解決事例 > 医療機器メーカーU社

解決事例 医療機器メーカーU社(従業員数:1500名)CTスキャナーの内部を強制空冷したいが… 75Gの遠心力に耐えられる「San Ace 耐Gファン」!

課題・問題

近年,医療の発展により高齢化が進むとともに生活水準が向上し,健康・医療に対する関心が高まっています。医療サービスの向上にともない,病気の早期発見や治療の可能性を広げるCTスキャナーなどの画像診断装置も日進月歩で進化を続けています。

CTスキャナー内部を強制空冷したいが,過酷な環境下にファンが耐えられず…

レントゲン機器やCTスキャナーを製造する医療機器メーカーU社。U社では,CTスキャナーの新モデル開発に取り掛かりました。
しかし,U社の新モデル開発は壁にぶつかってしまいました。U社設計開発部のマネージャーE氏は次のように語ります。

「CTスキャナーは人体にX線を360度方向から照射し,X線の透過量を用いて人体の断面を表示する装置です。X線を連続的に照射するため,CTスキャナーの内部温度は急激に上昇します。この温度上昇を抑えながら装置を正常に動作させるため,内部にファンを搭載し,冷却をおこなっています。しかし,X線を照射する部分が高速回転することから,ファンに強い遠心力がかかります。この遠心力に耐えきれず,頻繁にファンが破損するため,定期的なメンテナンス作業が不可欠でした。」

課題
  • CTスキャナーの内部を冷却するため,ファンの搭載が必要。
  • ファンが強い遠心力に耐えられず,頻繁にファンが破損する。
この課題・問題を解決した方法はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop