HOME > 解決事例 > 情報通信機器メーカーD社

解決事例 情報通信機器メーカーD社(従業員数:約500名)電源装置の小型化と容量アップを両立したい! 業界トップクラスの高静圧で,高密度の装置を効率よく冷却する「San Ace 二重反転ファン」

課題・問題

電子業界のなかでも,特に情報通信関連機器では面積・体積当たりに対して求められる処理能力が増えており,機器のさらなる高性能化により一段と高密度化が進んでいます。

電源装置の小型化と容量アップを両立したいが,熱が装置内部にこもってしまう

情報通信機器メーカーD社では,新たなサーバ用電源の開発に取り組んでいました。開発技術部のI氏は課題についてこう語ります。
「サーバの小型化にともない,構成要素である電源装置の小型化が求められています。電源容量を維持しながら小型化を実現するには,内部の高密度化が必要です。一方で,安定した出力を維持するためには,部品の発熱を抑えながら内部温度を規定の範囲内に維持することが,開発の課題となっていました。
しかし,装置の高密度化によって内部に風が通りにくくなり,内部の発熱を効率よく排出させるには,静圧の弱い現行ファンでは,装置を十分に冷却できませんでした。」

静圧の高いファンを採用したいが,大きな振動は許されない

「また,サーバにはハードディスクなどの精密部品が実装されているので大きな振動は許されません。以前に高静圧のファンを使用したところ,振動の大きさが問題になりました。メーカーに話を聞くと,ファンの冷却性能を出すためには回転数を上げる必要があるようで,それが振動の原因になっているそうです。静圧の高いファンを採用したいのですが,振動でハードディスクに悪影響を与えることは,何としても避けたいのです。」(I氏)
現行品よりさらに高静圧なファンが必要となったD社は,条件を満たすファンを探し続けました。

課題
  • 装置内部の実装密度が高まり,現行ファンでは静圧性能が不足している。
  • 振動の影響を受けやすい部品が実装されているため,低振動のファンが必要。
この課題・問題を解決した方法はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop