HOME > 解決事例 > 自動車部品メーカーK社

解決事例 自動車部品メーカーK社(従業員数:約5,000名)工場の被災で部品供給ストップ…対策に待ったなし 高機動性の移動電源車「SANUPS M53A」でBCP対策を後押し

課題・問題

日本ではここ数年,地震・豪雨・台風など過去に経験したことのない規模の自然災害による,ライフライン・交通インフラへの被害が相次いでいます。こうした被害は日常生活に支障を及ぼすだけでなく,企業活動にも大きな影響を与えています。

工場の被災で部品供給ストップを防ぎたい

自動車部品メーカーのK社。同社では毎年のように起こる自然災害を前に,BCP対策の強化を急いでいました。K社総務部マネージャーのF氏はこう語ります。
「現在はグローバルなサプライチェーンが構築されており,自然災害によって重要部品の製造工場が被災し,部品の供給がストップすると,被災していない工場の稼動も停止するなど,二次的被害が問題になっています。
特に,自動車は数万個の部品で構成されており,そのほとんどが部品メーカーからの供給で成り立っています。万が一,われわれのような部品メーカーの工場が被災して操業がストップすると,完成品を生産する自動車工場にも多大な影響が及びます。数日間も自動車の生産ができなくなるような事態も想定されるのです。」

非常用発電機の導入を検討するも,コストとリソース面で難航…

こうした状況から,自然災害が発生しても早急に生産の再開ができる対策が急務となっていました。
「工場の設備などに問題がなくても,長時間の停電や電力の使用制限があると工場を稼動することができません。早期の復旧を実現するためには,何よりも電力の確保が重要と考えました。
そこで,まずは非常用発電機の導入を検討しました。しかし,各地に複数の工場があるので,それらすべての工場に非常用発電機を導入するのは現実的ではありませんでした。非常用発電機の導入には莫大な費用がかかるうえ,設置場所の問題や定期的なメンテナンスも欠かせないなど,コストとリソースが問題となるからです。」(F氏)

BCP対策は難航し,F氏は情報収集を続けました。

課題
  • 工場の被災で部品供給ストップを防ぎたい。
  • 非常用発電機の導入を検討するも,コストとリソース面で難航。
この課題・問題を解決した方法はこちら
“創造力”を高める「山洋電気の製品技術」
現場の「困った」を解決に導く,山洋電気の技術革新!
pagetop